intro.html

このページは,http://www.courier-mta.org/?intro.html の和訳です.


Intoroduction - イントロダクション

  • Courier is a modular multiprotocol mail server that's designed to strike a balance between reasonable performance, flexibility and features.
    • Courier は,合理的なパフォーマンス,柔軟性及び機能性のバランスを取る様デザインされたモジュール方式のマルチプロトコルのメールサーバです.

Features - 機能

  • Can be configured to function as an intermediate mail relay, or as a mail server that receives mail for multiple domains and makes it accessible to mail clients, or anything in between.
    • 中間のメールリレーとして動作させる様に,またはメールサーバとして,複数ドメインのメールを受け取り,クライアント間とメールをやり取りする為に設定する事が出来ます.
  • Local mailboxes can be accessed via POP3. Courier includes an integrated POP3 server.
    • ローカルなメールボックスに POP3 経由でアクセスする事が可能です.Courier は統合された POP3 サーバを同梱しています.
  • Local mailboxes can be accessed via IMAP. Courier includes an integrated IMAP server.
    • ローカルなメールボックスに IMAP 経由でアクセスする事が可能です.Courier は統合された IMAP サーバを同梱しています.
  • '''A built-in IMAP/POP3 aggregator proxy. It is possible to distribute all mai lboxes between multiple servers. A separate server (or a pool of servers) accepts connections from IMAP or POP3 clients, then connects to the right server based on the mailbox the connecting client is logging into.'''
    • ビルトインされた集約 IMAP/POP3 プロキシ.全てのメールボックスを複数のサーバ間に分配する事が可能です.個々のサーバ (又はサーバプール) は IMAP 又は POP3 クライアントからの接続を受けて,接続元のクライアントがログインしているメールボックスに基づいたプロキシサーバと接続します.
  • Uses an efficient maildir format as its native mail storage format. Some support is provided for legacy mbox mailboxes.
    • ネイティブなメールストレージフォーマットとして,効率の良い Maildir フォーマットを採用しています.レガシーな mbox 形式のメールボックスの為にいくつかのサポートを提供します.
  • '''Flexible "Sender Policy Framework" support; the ESMTP HELO, MAIL FROM, and the From: header can be validated using SPF.'''
    • 柔軟な "Sender Policy Framework" をサポート; ESMTP HELO,MAIL FROM 及び From: ヘッダは,SPF を使って認証する事が出来ます.
  • DSN, PIPELINING, and 8BITMIME ESMTP extensions. Courier automatically converts 8-bit messages to 7-bit encoding, for relaying mail to external mail gateways.
    • DSN,PIPELINING,及び 8bitMIME ESMTP の拡張.メールを外部のメールゲートウェイに中継する為に,Courier は自動的に 8bit メッセージを 7bit のエンコーディングに変換します.
  • STARTTLS ESMTP extension (as well as IMAP/POP3/ESMTP/Webmail over SSL) in both the client and the server (requires OpenSSL). The ESMTP client can optionally require that the remote server's X.509 certificate is signed by a trusted root CA (a default set of root CAs is provided).
    • クライアントとサーバ (OpenSSLを必要とします) 両方におけるSTARTTLS ESMTP 拡張(IMAP/POP3/ESMTP/Webmail over SSL と共に).ESMTP クライアントは,リモートサーバの X.509 証明書が信頼されたルートCA によってサインされる事を任意に要求する事が出来ます.
  • Experimental TLS/SSL enhancements which are designed to implement a secure mail delivery channel between trusted domains, over an untrusted network. This is implemented by requiring mail to select domains use TLS/SSL connections which require the remote server to present an X.509 certificate signed by a private (not a public) certificate authority. This is pretty much the highest level of security that can be achieved with today's technologies. This doesn't even require DNSsec. Even if the DNS cache is poisoned with MX records that divert mail to arogue relay, the attacker will not have an X.509 certificate signed by a private CA (this assumes, of course, that the security of the private CA hasn't been breached). This work is mostly complete, but still needs a little testing.
  • Message submission protocol (RFC 2476).
    • メッセージサブミッションプロトコル (RFC 2476).
  • IPv6 support (experimental).
    • IPv6 のサポート (実験的).
  • '''NOTE: the integrated servers work with maildir-based mailboxes only. There are many existing POP3, IMAP, and webmail servers that provide excellent support
    for mbox-based mailboxes, so there's no reason to reinvent the wheel. Some popular mbox servers are: [[Qpopper>http://www.eudora.com/qpopper/]], [[UW-IMAP>http://www.washington.edu/imap/]], and [[NeoMail>http://neomail.sourceforge.net/]].'''
    • 注意: 統合されたサーバは,Maildir ベースのメールボックスの場合のみにに機能します.mbox ベースのメールボックスへの素晴らしいサポートを提供する多くの POP3,IMAP,及び WebMail? サーバがある為,車輪の再発明を行う理由がありません.いくつかのポピュラーな mbox サーバは以下のとおりです.QpopperUW-IMAP,及び NeoMail
  • A faxmail gateway (experimental) that forwards E-mail messages via fax (requires a compatible class 2 faxmodem). Courier doesn't implement the actual faxing all by itself, actually. Courier uses additional software (which must be separately installed), to take care of the low-level details. The popular mgetty+sendfax package talks to the faxmodem and handles the actual faxing. Conversion of E-mail messages to fax pages is done by ghostscript, troff or groff, and the NetPBM library. Courier glues all of these pieces together in a seamless manner any time an E-mail message addressed to <phonenumber@fax> is received. The main textual body of the E-mail message is placed on a cover page, and any attachments are converted to fax image format and transmitted after the cover page. At this time, Courier knows how to send plain text, PDF, and Postscript attachments. GIF, JPEG, and PNG images can be sent to (one image per page). The additional software packages that were mentioned previously are usually already included in most Linux and BSD installations. In most cases no additional software really needs to be installed in order to get faxmailing up and running.
    • FAX (class2互換の faxmodem が必要です) 経由で,E-mail メッセージを転送する faxmail ゲートウェイ (実験的).Courier は実際に自身で全ての実際の FAX を実装するわけではありません.低レベルの詳細の面倒を見る為,Courier は追加のソフトウェア (個別にインストールしなければなりません) を利用します.ポピュラーな mgetty+sendfax パッケージは FAXmodem と話し,実際の FAX を処理します.FAX ページ E-Mail の変換は,ghostscript,troff 又は groffNetPBM ライブラリによって行われます.いつでも,<phonenumber@fax> 宛てに提出された E-Mail メッセージが受信されるシームレスな方法で,Courier は一緒にこれらの部品を結合します.E-Mail メッセージの本文の部分はカバーページに配置され,どの様なアタッチメントでも,イメージ形式を FAX する為に変換され,カバーページの後に転送されます.Courier はどうやって普通のテキスト,PDF 及び Postscript アタッチメントを送信するかを知っています.GIF,JPEG 及び PNG イメージ (1ページあたり 1つのイメージ) を送信する事が出来ます.すでに言及された追加のソフトウェアパッケージは,通常すでに殆どの Linux 及び BSD に含まれています.殆どの場合,どの追加ソフトウェアも本当に,faxmail を動作させる為にインストールする必要は無いでしょう.
  • Courier includes a mailing list manager, with fully automatic bounce processing.
    • Courier は,自動バウンス処理が可能なメーリングリストマネージャを同梱しています.
  • You don't need a full-blown mail server? Courier's IMAP server, webmail server, and mail filter are available as independent packages that can be used with other mail servers (as long as the other mail servers store mail in maildirs). These sub-packages are assembled from the same source code tree. The only difference is the top level makefile. Note: the independent builds are not always in sync with the main Courier build at any given time. They follow their own schedule, and may include a slightly older, or even more recent, code base! Over time, however, everything always syncs together since all builds are assembled from the same source code repository.
    • あなたは完全なメールサーバは必要では無いですか? Courier の IMAP サーバWebMail サーバ及びメールフィルタは,他のメールサーバ (他のメールサーバが Maildir 形式でメールを保存する場合に限り) で使う事が出来る独立したパッケージとして使用可能です.これらのサブパッケージは,同じソースコードツリーから組み立てられています.唯一の違いは,トップレベルの Makefile です.注意: 独立したビルドは,常時主要な Courier のビルドと同期している訳ではありません.それらは,それら自身のスケジュールに基づいていて,少し古いか,より最新のコードベースが含まれているかもしれません! しかし,時間と共に,全てのビルドが同じソースコードリポジトリから組み立てられる為,全てはいつも一緒に同期がとられます.
  • SOCKSv5 support. Courier can punch through a SOCKS firewall to send outgoing mail. Receiving mail through a SOCKS firewall is not yet supported. To use SOCKS you need to install Courier's Socks 5 proxy client library.
    • SOCKSv5 のサポート.Courier は,メールを送信する為に SOCKS ファイアウォールを通して穴を開ける事が出来ます.SOCKS ファイアウォールを通じてメールを受け取る事はまだサポートされていません.あなたが SOCKS の利用する場合,Courier は Socks 5 プロキシクライアントライブラリを必要とします.
  • '''PAM, LDAP, PostgreSQL (beta), or MySQL authentication. LDAP authentication requires OpenLDAP to be installed. LDAP-based mail routing is also supported.'''
    • PAM,LDAP,PostgreSQL (ベータ),又は MySQL の認証.LDAP 認証は,OpenLDAP のインストールを要求します.LDAP ベースのメールルーティングもサポートされます.
  • Gateway mail to/from UUCP (if compatible UUCP software is separately installed).
    • to/from UUCP メールのゲートウェイ (UUCP 互換のソフトウェアが個別にインストールされる必要があります).
  • Authenticated SMTP.
    • 認証された SMTP.
  • XVERP and XEXDATA ESMTP extensions.
    • XVERP 及び XEXDATA ESMTP 拡張.
  • DNS-based blacklists. Ability to exempt whitelisted IP addresses from the blacklists.
    • DNS ベースのブラックリスト.ブラックリストから IP アドレスをホワイトリストすると免除されます.
  • # Integrated mail filtering. An API is provided for installing arbitrary external mail filters, and the system administrator can selectively enable for any mail source (ESMTP, UUCP, locally submitted mail) for filtering. Two example mail filters are included - one written in C that uses threads, and a Perl-based filter. The system administrator can also enable the ability for individual mail recipients to specify their own mail filtering rules, using a scripting language (implemented by maildrop, see below). Mail filtering is implemented as an integral part of the mail server. Unwanted mail is rejected, and is not accepted by Courier for delivery (the external mail relay receives the error, and it becomes the external relay's problem as to what to do with unwanted junk mail).
    • 統合されたメールフィルタリング.API は外部の任意のメールフィルタを利用する為に提供され,システム管理者はフィルタリングの為にどの様なメールソース (ESMTP,UUCP ,ローカル配送メール)も選択的に有効化する事が出来ます.2つの例のメールフィルタが含まれます. - スレッド化された C で書かれた物と Perl ベースのフィルタ.システム管理者は,スクリプト言語 (maildrop )を使い,個々のメール受領者の為の能力が,それら自身のメールフィルタリング規則を指定する事を可能にする事も出来ます.メールフィルタリングは,メールサーバの必須の一部分として実装されます.望まれないメールは拒否され (外部のメールリレーはエラーを受け取り,望まれないジャンクメールについて何を行うかは外部リレーの問題になります),配送の為に Courier から受信されません.
  • Partial ability to import sendmail's aliases file, but not all aspects of sendmail's aliasing is supported - like delivering to programs, for example. Still, most simple aliases files should be usable.
    • sendmail の aliases ファイルをインポートする機能を部分的にサポートしますが,sendmail のエイリアス化の全てをサポートする訳ではありません.例えば,プログラムに提供する時の様な場合.それでも,最も単純な aliases ファイルは使用可能です.
  • Optional ability to import most of Qmail's .qmail files (Courier uses an almost 100% compatible local mail delivery instruction format).
    • オプショナルな能力として,Qmail の .qmail ファイル (Courier はほぼ 100% 互換のローカルメール配送命令形式を使います) のほとんどをインポートできます.
  • Most major components of Courier can be installed in non-default directories, allowing extreme customization for your particular environment.
    • Courier の最も主要なコンポーネントは,あなたの特定の環境の為に,極端なカスタマイズも許可し,非デフォルトディレクトリにインストールする事も可能です.
  • '''You can set a maximum number of messages to deliver simultaneously to the same host. This, in fact, is strongly encouraged so that a single onfunctioning domain does not take up all available delivery slots. Rate limiting is implemented in the main scheduler, and applies to any transport mechanism, not just ESMTP.'''
    • あなたは,同時に配送するメッセージの最大値を同じホストに設定する事が出来ます.1つの機能しないドメインも,全ての利用可能な配送スロットを占める訳では無い様に,今の所強く推奨されます.レートリミットはメインスケジューラの中で実装され,ESMTPだけでなくどのようなトランスポートメカニズムにもあてはまります.
  • Mailing list administrators can specify a backup relay and have mail that's not immediately deliverable offloaded to a backup server (this feature needs testing/feedback).
    • メーリングリスト管理者は,バックアップリレーを指定して,直接渡せないメールをバックアップサーバ (この機能は,テスト/フィードバックが必要です) に任せる事が出来ます.

However, it is also important to note what Courier does not have or will not support:
しかし,Courier が何を持っていないか,又はサポートしないかを注意する事は重要です:

  • .forward files are partially supported. Courier can import most basic /etc/aliases files from sendmail, but sendmail's .forward and /etc/aliases files are simply not 100% compatible with Courier's securitymodel. Most .forward and /etc/aliases files should be acceptable, but some maynot.
    • .forward ファイルは部分的にサポートしています.Courier は最も基本的な /etc/aliases ファイルを sendmail からインポートする事が可能ですが,sendmail の .forward と /etc/aliases ファイルは,Courier のセキュリティモデルと 100% 互換ではありません.ほとんどの .forward と /etc/aliases ファイルの受け入れは可能であるべきですが,そうでないかもしれません.
  • ETRN is not, and will never be implemented. It's a hack, and is functionally incompatible with Courier's internal message dispatcher. If a mail node does not have constant network connectivity, there are better ways of arranging for mail transport than ETRN. The transient mail node should download mail via IMAP, or maybe even UUCP.
    • ETRN はありませんし,決して実装される事も無いでしょう.そのハックは,Courier の内部メッセージディスパッチャと互換性が無い為です.メールノードがコンスタントなネットワークコネクティビティを持っていない場合,メールトランスポートの取り決めには ETRN よりも良い方法があります.一時的名メールノードは,IMAP 又は たぶん UUCP 経由でさえ,メールをダウンロードすべきでしょう.
  • Workarounds for known defects in other mail software. Courier will not accept mail with raw 8-bit characters in the headers, because they are illegal. There are well-defined protocols that must be used to encode 8-bit text in mail headers. Non-compliant messages may result in Courier itself issuing corrupted delivery status notifications, or mishandling the message in several other ways. Because of that corrupted mail will simply not be accepted. Neither will Courier deliver mail to domains with improperly-defined MX records, even though other mailservers ignore the bad data. Additionally, certain popular IMAP mail clients are known to not work with Courier's IMAP server, due to an improper IMAP implementation by the mail client.
    • 他のメールソフトウェアにある既知の欠陥の為の回避策.それらがイリーガルなので,Courier はヘッダの中で素の 8bit キャラクタを持つメールは受信しないでしょう.メールヘッダの中で 8bit テキストを符号化する為に使わなければならない明確なプロトコルがあります.従っていないメッセージは,堕落した配送ステータス通知を発行しているか,いくつかの他の方法でメッセージを誤って取り扱う Courier 自身の結果を生じさせるかもしれません.その為,堕落したメールは単に受信されないでしょう.また,他のメールサーバが悪いデータを無視しても,Courier は不適切に定義された MX レコードによってメールをドメインに提供するでしょう.さらに,あるポピュラーな IMAP メールクライアントは,メールクライアントによる不適切な IMAP インプリメンテーションの為,Courier の IMAP サーバによって動作しないと知られています.
  • '''Scripting language for rewriting mail headers. Mail rewriting rules are hardcoded, and are expected to be sufficient in most cases. If you have an nusual situation that requires some oddball header rewriting, you'll have to implement it yourself.'''
    • メールヘッダを書き直すためのスクリプト言語.メールを書き直す規則はハードコーディングされ,ほとんどの場合に十分である事を予定します.あなたが,いくら変わったヘッダを必要としている異常な状況で書き直させておく場合,自身でそれを実装する必要があるでしょう.
  • '''Support for mbox mailboxes in the POP3, IMAP, and webmail components. They support maildirs only. There are plenty of existing servers out there that read mbox mailboxes.'''
    • POP3,IMAP,及び WebMail? コンポーネントの mbox 形式のメールボックスのサポート.それらは Maildir 形式のみをサポートします.mbox 形式のメールボックスを読むには世の中に多くの既存のサーバが存在します.

Requirements - 必要要件


  • A C++ compiler, egcs is recommended. Most of Courier are written in C, but several major sections are written in C++.
    • C++ コンパイラ,EGCS を推奨します.Courier の殆どは C で書かれていますが,いくつかの主要なセクションは C++ で書かれています.
  • GNU make. Other makes may work, but that's not guaranteed.
    • GNU make.その他の make は動作すると思いますが,保証はされていません.
  • Either the GDBM or Berkeley DB library must be available. Only certain versions of Berkeley DB API are supported, because the Berkeley DB API often changes (tested with 2.4.14 and 1.8.5). GDBM is the recommended library.
    • GDBM 又は BerkeleyDB のどちらかが利用可能である必要があります.BerkeleyDB はAPI がしばし変更される (2.4.14 及び 1.8.5 でテストしています) 為,BerkekeyDB のある特定のバージョンの API のみがサポートされます.GDBM は推奨されたライブラリです.
  • Perl 5.
    • Perl 5.
  • The file system must support FIFOs. At least the file system that stores the mail queue must be able to support FIFOs. Courier will not work with AFS.
    • ファイルシステムは FIFO をサポートしていなければなりません.メールキューを格納するには,最低でも FIFO をサポートしていなければなりません.Courier は AFS 上では動作しません.
  • Filesystem domain sockets must be available.
    • ファイルシステムでのドメインソケットは使用可能でなければなりません.
  • Some optional components have additional dependencies - notably the additional software required for faxmail support (see above).
    • いくつかのオプションのコンポーネントは,追加の依存があります - 特に FaxMail? のサポート為にいくつかのソフトウェアが必要とされています (上記を参照して下さい) .

Additional information - 付加情報


Here is a somewhat more detailed overview of Courier's less prominent features:
ここには,Courier についての特徴のいくぶん多くの詳細な概要があります.

Upgrade Path - アップグレードパス


Courier can be installed on systems that were previously running sendmail or Qmail. Please note that Courier will be able to support most major features of both servers, however Courier is not, and will never be a 100%-compatible replace ment for either sendmail or Qmail. Courier does not implement several legacy features of either MTA, and there are no plans to implement them in the future. The key differences are: Courier は,以前 sendmail 又は qmail を動作していたシステムにインストールする事が可能です.どうか,Courier は両方のサーバの最も主要な機能をサポートする事が可能な点に注目して下さい.しかし,Courier は sendmail 又は qmail の 100% 互換でのリプレースにはならないでしょう.Courier は,両 MTA のいくつかのレガシーな機能を実装していませんし,実装する計画も全然ありません.違いのポイントは以下の通りです:

  • sendmail
    A local mail delivery agent, such as procmail, should be used for maximum compatibility with sendmail.
    procmail 等のローカルメール配送エージェントは,sendmail との最大の互換性の為には使われるべきです.

    Courier expects system mailboxes to be in the users' home directories. If your system mailboxes are all stored separately, in /var/spool/mail or somewhere else, you'll need to use a local delivery agent such as procmail.
    Courier はシステムのメールボックスが,ユーザのホームディレクトリにある事を想定しています.あなたのシステムのメールボックスが,/var/spool/mail 又は他の何処かに全て単独で保存される場合は,あなたは procmail 等のローカルメール配送エージェントを使う必要があるでしょう.

    Courier uses a filesystem lock on mailbox files, Courier does not support old-fashioned dot-locking. If you need dot-locking, use procmail or maildrop (included). Courier は,メールボックスファイルにファイルシステムのロック機構を使います.Courier は旧式のドットロッキングは使いません.あなたがドットロッキング機構を使いたい場合,procmail 又は maildrop (含まれます) を使って下さい.

  • qmail
    '''A configuration switch allows Courier to read $HOME/.qmail files, however Courier's implementation is not 100% identical to Qmail's. Courier's aliases file is also used to implement Qmail-style virtual domains. A simple Perl script can b e used to convert Qmail's control/virtualdomains into aliases entries.'''
    コンフィグレーションスイッチは,Courier が $HOME/.qmail ファイルを読む事が可能ですが,Courier の実装は qmail に 100% 互換ではありません.Courier のエイリアスファイルは,qmail スタイルのバーチャルドメインを実施する為に使われます.単純な Perl スクリプトは qmail の control/virtualdomains をエイリアスエントリに変換する為に使う事が可能です.

    Courier supports Maildirs natively.
    Courier はネイティブに Maildir 形式をサポートしています.

    Courier can use the maildrop mail filter as a local mail delivery agent. maildrop is optional, but, if used, Courier will take advantage of certain maildrop-specific features which optimize local mail delivery. Courier はローカルメールの配送エージェントとして maildrop メールフィルタを使う事が可能です.maildrop はオプションではあるのですが,使った場合,Courier は,ローカルメール配達を最適化する確実に便利な maildrop 固有の機能が利用可能です.

Mail filters - メールフィルタ


Courier has hooks for optional, site-defined, mail filters. You'll have to write them yourself, though. The administrator-defined mail filters can block the message from being accepted by Courier (if messages comes in via SMTP, the SMTP server will reject it). Courier can also be configured to pause for a short period of time before attempting to deliver a message. If the mail filter detects aslew of duplicate messages coming in, the mail filter can block all future copies, and manually bounce the handful of copies from the queue. The system administrator can selectively enable filtering for any individual mail source (ESMTP, locally submitted mail, UUCP). The system administrator can also optionally enable recipient-specified mail filters. With recipient-specified mail filtering enabled, any local mail recipient can install an arbitrary mail filter to selectively accept or reject mail based on any criteria.
Courier はオプションで,サイトで定義されたメールフィルタの為のフックを持っています.とはいえ,あなたは自身でそれらを定義する必要もあるでしょう.管理者によって定義されたフィルタは,Courier (SMTP 経由でメッセージが届く場合,SMTP サーバはそれを拒絶するでしょう)がメッセージを受信する際にブロックする事が出来ます.また,Courier は,メッセージが配送される前に短期間の間中断する様に設定する事も出来ます.メールフィルタは,沢山の複製メッセージが入ってくるのを検知した場合,メールフィルタは,今後全てのコピーをブロックし,手動でキューから一握りのコピーをバウンスさせる事が出来ます.システム管理者は,どの様な個々のメールソース (ESMTP, ローカル配送,UUCP) の為にでも選択的にフィルタを有効化する事が可能です.システム管理者は,オプションで受信者が指定したメールフィルタを有効化する事も出来ます.受信者が指定したメールフィルタリングが有効な状態の場合,どんなローカルメールの受信者でも,選択的にどんな標準に基づいたメールを受信するか,拒否する為に,任意のメールフィルタを設置する事が出来ます.

'''Currently the mail filtering API is not very well documented, but it's there. '''
現在,メールフィルタリング API のドキュメントはあまりありませんが,それはここにあります.

ESMTP extensions - ESMTP 拡張


Courier implements AUTH, PIPELINING, DSN, SIZE, and 8BITMIME extensions to SMTP. Courier also includes a reference implementation of the experimental XVERP and XEXDATA extensions.
Courier は,AUTH,PIPELINING,DSN,SIZE,及び SMTP への 8bitMIME 拡張を実装しています.また,Courier は実験的な XVERP と XEXDATA 拡張のリファレンス実装を含んでいます.

Courier is a closed mail relay by default. Courier cannot be accidentally configured as a completely open relay. A deliberate feat of stupidity is required for that to happen.
Courier はデフォルトではメールリレーは閉じられています.Courier は完全はオープンリレーとして偶然に設定される事はありません.それをするには故意で愚かな行為を必要とします.

ESMTP BOFH - ESMTP BOFH


Courier does not deliver mail to domains with broken MX records. Courier also refuses to accept any mail with a return address in a domain with broken MX records.
Courier は壊れた MX レコードならば,ドメインにメールを配送しません.また,Courier は壊れた MX レコードのドメインのリターンアドレスを持つメールはどの様なメールでも受信を断ります.

Courier can automatically blacklist domains whose mail servers reject delivery status notifications.
Courier は,自動的にメールサーバが配送ステータス通知を拒絶するドメインをブラックリストに載せる事が出来ます.

Header rewriting - ヘッダリライティング


Courier will rewrite headers and MIME-ify messages whenever appropriate. Header rewriting logic is hardcoded in C, there is no header rewriting language as in sendmail. An interpreted language imposes a drastic speed penalty. The rewriting library is fairly simple, and the the standard rewriting rules will do for most situations.
Courier は適切な場合はいつでもヘッダと MIME メッセージを書き直します.ヘッダリライティングのロジックは C 言語ソース内でハードコーディングされていて,Sendmail の様な,ヘッダリライティングの言語はまったくありません.インタプリタ型言語は,大幅なスピードの損失が生まれます.リライティングライブラリはかなり単純で,標準のリライティングルールで,ほとんどの状況をカバー出来るでしょう.

Courier rejects messages with badly-formed or missing MIME headers. Courier rejects messages containing 8-bit characters in the headers, or messages that contain 8-bit content, but do not have the required MIME headers. Accepting malformed messages of that kind can result in Courier itself sending mail that violates the relevant RFCs, therefore Courier will simply reject improperly-formatted messages. There are well-defined RFC standards that explicitly spell out how mail containing 8-bit content or 8-bit headers should be encoded, and those standards will have to be properly implemented by anyone that wishes their mail to be accepted.
Courier は,不正に作られたか,おかしな MIME ヘッダを持つメッセージを拒否します.Courier はヘッダの中に 8bit キャラクタを含んでいるメッセージ,又は,8bit のコンテンツが含まれているけど,必要とされる MIME ヘッダを持っていない場合,メッセージを拒否します.

Modularity - モジュール性


'Message scheduling, dispatching, and the actual transport mechanism are completely modularized. Different message transport mechanisms such as UUCP can be implemented in a simple plug-in fashion, however some C coding will be required. '
メッセージスケジューリング,ディスパッチング,及び実際のトランスポートメカニズムは完全にモジュール化されています.UUCP 等の違うメッセージトランスポートメカニズムは単純なプラグインの創造で実装する事が出来ますが,しかし,いくつかの C でのコーディングは必要となるでしょう.

Message scheduling - メッセージスケジューリング


Courier supports VERPs, multiple recipients per message, and RFC1894-compliant delivery status notifications.
Courier は VERP,1つのメッセージあたりの複数の受領者,及び RFC1894 準拠の配送ステータス通知をサポートします.

Load limiting - ロード制限


'''You can set a maximum number of messages to deliver simultaneously to the same host. This, in fact, is strongly encouraged so that a single nonfunctioning domain does not take up all available delivery slots. Rate limiting is implemented in the main scheduler, and applies to any transport mechanism, not just ESMTP.' ''
あなたは,同時に配送するメッセージの最大値を同じホストに設定する事が出来ます.1つの機能しないドメインも,全ての利用可能な配送スロットを占める訳では無い様に,今の所強く推奨されます.レートリミットはメインスケジューラの中で実装され,ESMTPだけでなくどのようなトランスポートメカニズムにもあてはまります.

Automatic restarts and garbage cleanup - 自動再起動と不要な情報の掃除 ~


Courier's scheduling engine restarts itself automatically, on a regular basis. This helps with memory fragmentation. Courier tries to restart itself during periods of system inactivity.
通常,Courier のスケジュールエンジンを自身で再起動します.これはメモリフラグメンテーションを救済します.Courier は,システムが静止している期間の間に自身を再起動しようとします.

Smart organization of the message queue and temporary directories - メッセージキューとテンポラリディレクトリのスマートな編成

Smart organization of the message queue and temporary directories - メッセージキューとテンポラリディレクトリのスマートな編成


Courier automatically creates subdirectories when necessary, and deletes them when they're empty. When there's a sudden peak in the number of messages added to the queue, directories used to store the messages grow in size to accomodate the additional entries. On many file systems, once those messages are deleted, the empty slack space in the directory is not reclaimed, and actually slows downsubsequent directory operations. Courier automatically removes empty directories, reclaiming the slack space.
Couier は自動で必要な時にサブディレクトリを作成し,それらが空になったら,それらを削除します.キューに追加されたメッセージ数において突然ピークが来た時,メッセージを記憶する為に使われたディレクトリは,accmodate のサイズにおいて,追加エントリを増やします.多くのファイルシステム上で,それらのメッセージが削除されたら,ディレクトリの空のスラックスペースは埋め立てられず,実際,その後のディレクトリ操作を遅くします.スラックスペースを埋め立て,Courier は自動的に空のディレクトリを削除します.

Smart installation layout - スマートなインストールレイアウト


Courier's configuration script will install Courier into /usr/lib/courier by default. Everything will go into several subdirectories there: the actual binaries, configuration files, the mail queue, manual pages, and auxiliary support files. Optional configuration switches allow pretty much every major subdirectory to be relocated anywhere else. For example, the Red Hat RPM package for Courier relocates the configuration files to /etc/courier, the manual pages to /usr/man, and the mail queue to /var/spool/courier.
Courier のコンフィグレーションスクリプトは,デフォルトで /usr/lib/courier の中に Courier をインストールします.全てはそこでいくつかのサブディレクトリに入るでしょう: 実際のバイナリ,コンフィグレーションファイル,メールキュー,マニュアルページ,及び補助的なサポートファイル.オプションのコンフィグレーションスイッチは,全ての主要なサブディレクトリが,他のどこにでも再配置する事を可能にします.例えば,Courier の RedHat? RPM パッケージは /etc/courier にコンフィグレーションファイルを,/usr/man にマニュアルページ,及び /var/spool/courier にメールキューを配置します.

Mailing lists - メーリングリスト


Courier can implement both sendmail and qmail-style address aliases. De-duping of sendmail-style aliases is automatic. Courier source distribution also includes a complete mailing list manager.
Courier は sendmail と qmail スタイルのアドレスエイリアスの両方を実装しています.sendmail スタイルエイリアスの De-duping は自動的です.Courier ソースディストリビューションはまた,完全なメーリングリストマネージャを含んでいます.


Hiroyuki Seino http://www.seichan.org/ http://www.seichan.org/blog/
Today:2 Yesterday:0 All:8556