Installation - インストレーション

  • su yourself to root, if you want to do a live install, then run make install or make install-strip to install Courier. If you use the GNU version of make, and you would like to see which files Courier installs and where, don't su yourself to root, but set the make variable named DESTDIR. For example:
    • su で root になり,インストールを実行したい場合,make install または make install-strip を実行する事で Courier がインストールされます.GNU バージョンの make を使用しており,Courier がどのファイルを何処にインストールするかを知りたい場合,su で root にならずに make 変数 DESTDIR を設定して下さい.例えば:
      make install DESTDIR=/var/tmp/courier-inst

  • The contents of DESTDIR are prepended to the name of every file installed, so if --prefix was set to /usr/lib/courier, the files will be installed in /var/tmp/courier-inst/usr/lib/courier. This only works if you use GNU make.
    • DESTDIR の内容のとおりにインストールされる全てのファイル名の前に付加され,例えば --prefix が /usr/lib/courier に設定されていた場合,ファイルは /var/tmp/courier/usr/lib/courier にインストールされます.GNU make を使う場合のみに働きます.
  • NOTE: you must make sure that your umask is 022 before you run make install.
    • 注意: make install を実行する前に,umask が 022 である事を確認して下さい.
  • If executed by root, make install automatically sets the correct ownership on the installed files. Non-root make installs do not set the ownership, but still set correct permissions. This feature is mainly for use by people who are rolling Courier into a prebuilt package, since this allows them to build the package as a normal user, not root. In this situation the command make install-perms will be very useful. This command creates a file called permissions.dat. This file contains a complete listing of everything that will be installed, and what the correct permissions are on every file.
    • root で実行した場合,make install は自動的に正しいオーナをインストールファイルに設定します.root 以外で make install を行った場合,オーナを設定ませんが正しいパーミッションを設定します.この機能は主に,root で無く通常のユーザとしてパッケージをビルドする事を可能にするもので,事前にビルドされたパッケージを運用する為です.この状況は,make install-perms コマンドで非常に役に立ちます.このコマンドは permissions.dat と呼ばれるファイルを作成します.このファイルは,インストールされるはずの全ての完全なリストと,全てのファイルの正しいパーミッションが含まれています.
  • make install installs Courier binaries with debugging data, which is probably a good idea to do while Courier is in development. Use makeinstall-strip to install binaries without debugging data. Some systems have a broken install utility, so make install-strip may fail.
    • '' make install は Courier バイナリのデバッギングデータをインストールしますが,Courier の開発には良いアイデアです.デバッギングデータ無しでインストールするには,make install-strip を使用して下さい.幾つかのシステムは,壊れたインストールユーティリティがある為,make install-strip が失敗するかもしれません.