relayctl - control the relay daemon


概要

relayctl command [argument...]

説明

  • The relayctl program controls the relayd(8) daemon.
    • relayctlrelayd(8) デーモンを制御するプログラムです.
  • The following commands are available:
    • 次のコマンドが利用可能です:

host disable [name | id]

  • Disable a host. Treat it as though it were always down.
    • ホストを無効にします.常にダウンしたかのように取り扱います.

host enable [name | id]

  • Enable the host. Start checking its health again.
    • ホストを有効にします.ヘルスチェックが再開されます.

load filename

  • Reload the configuration from the specified file.
    • 指定したファイルから設定情報を再読み込みします.

monitor

  • Continuously report any changes in the host checking engine and the pf(4) engine.
    • 継続的にホストチェックエンジンと pf(4) エンジンの変更を通知します.

poll

  • Schedule an immediate check of all hosts.
    • 全てのホストの即時チェックをスケジュールします.

redirect disable [name | id]

  • Disable a redirection. If it has pf(4) redirection rules installed, remove them. Mark the redirection's main table and - if applicable - disable the backup table as well.
    • リダイレクトを無効にします.pf(4) のリダイレクションルールがある場合はそれらを削除します.リダイレクションのメインテーブルにマークを付け - 該当する場合 - だけではなく,バックアップテーブルも無効にします.

redirect enable [name | id]

  • Enable a redirection. Mark the redirection's main table and - if applicable - enable the backup table as well.
    • リダイレクトを有効にします.リダイレクションのメインテーブルにマークを付け - 該当する場合 - だけではなく,バックアップのテーブルも有効にします.

reload

  • Reload the configuration file.
    • 設定ファイルを再読み込みします.

show hosts

  • Show detailed status of hosts and tables. It will also print the last error for failed host checks; see the ERRORS section below.
    • ホストとテーブルの詳細なステータスを表示します.また,失敗しているホストの最後のエラーを出力します.エラーセクションを参照してください.

show redirects

  • Show detailed status of redirections including the current and average access statistics. The statistics will be updated every minute. Redirections using the sticky-address option will count the number of sticky states, not the total number of redirected connections.
    • 現在と平均のアクセス統計を含む,リダイレクトの詳細なステータスを表示します.統計は毎分更新されます.sticky-address オプションを使用している場合,リダイレクトはスティッキー状態の数ではなく,リダイレクトされた接続の合計数をカウントします.

show relays

  • Show detailed status of relays including the current and average access statistics. The statistics will be updated every minute.
    • 現在と平均のアクセス統計を含む,リレーの詳細なステータスを表示します.統計は毎分更新されます.

show routers

  • Show detailed status of routers including the configured network routes.
    • 設定されたネットワーク・ルート情報を含む,ルータの詳細な状態を表示します.

show sessions

  • Dump the complete list of running relay sessions.
    • 動作中のリレーセッションの完全なリストをダンプします.

show summary

  • Display a list of all relays, redirections, routers, tables, and hosts.
    • 全てのリレー,リダイレクション,ルータ,テーブルおよびホストのリストを表示します.

table disable [name | id]

  • Disable a table. Consider all hosts disabled. If it is a main table of a redirection which has a non-empty backup table, swap the contents of the pf(4) table with those of the backup table.
    • テーブルを無効にします.全てのホストが無効になると考えてください.それが空ではないバックアップテーブルを持っているリダイレクションのメインテーブルである場合,pf(4) はテーブルの内容をバックアップテーブルの内容と入れ替えます.

table enable [name | id]

  • Enable a table. Start doing checks for all hosts that aren't individually disabled again.
    • テーブルを有効にします.個別に無効化されてはいないホストのチェックを開始します.

ファイル

/var/run/relayd.sock relayctl(8) との通信で使用する UNIX ドメインソケット

エラー

  • If a host is down and a previous check failed, relayctl will display the last error in the output of the show hosts command. This is especially useful for debugging server or configuration failures. The following errors will be reported:
    • ホストがダウンし,前回のチェックに失敗した場合,relayctl は show hosts コマンドの出力にて最後に起きたエラーを表示します.これはサーバもしくは設定のミスをデバッグする際に有益です.以下のエラーが報告されます:

none

  • No specific error was reported by the check engine.
    • チェックエンジンからは特定のエラーは報告されませんでした.

aborted

  • All checks were aborted by an external event, like a configuration reload.
    • 全てのチェックが設定の再読み込み時のように,外部のイベントによって中止しました.

interval timeout

  • The check did not finish in the configured time of an interval. This can happen if there are too many hosts that have to be checked by relayd(8) and can be avoided by increasing the global interval option in relayd.conf(5).
    • チェック間隔で設定された時間内に終了できませんでした.多くのホストが存在する場合は,relayd(8) で確認しなければならない項目として relayd.conf(5) の interval オプションを大きくする事により避ける事が出来るかもしれません.

icmp read timeout
ssl read timeout
tcp read timeout

  • The check failed because the remote host did not send a reply within the configured timeout.
    • リモートホストが設定されたタイムアウト時間内に応答を返さなかった為,チェックに失敗しました.

icmp write timeout
ssl write timeout
tcp write timeout
ssl connect timeout
tcp connect timeout

  • The check failed because relayd(8) was not ready to send the request within the configured timeout.
    • relayd(8) が設定されたタイムアウト時間内にリクエストを送信する準備が整わなかった為,チェックに失敗しました.

ssl connect error
ssl read error
ssl write error
tcp connect error
tcp read failed
tcp write failed

  • An I/O error occurred. This indicates that relayd(8) was running low on resources, file descriptors, or was too busy to run the request. It can also indicate that an SSL/TCP protocol error occurred or that the connection was unexpectedly aborted.
    • I/O エラーが発生しました.これは relayd(8) のリソース,ファイルディスクリプタが不足していたか,リクエストを実行する際忙しすぎた事を表します.また,SSL/TCP プロトコルエラーが発生した場合や,接続が予期せずに中断された事を示す事もあります.

ssl connect failed
tcp connect failed

  • The check failed because the protocol handshake did not succeed in opening a stateful connection with the remote host.
    • プロトコルハンドシェイク時,リモートホストとのステートフルな接続を確立出来なかった為,チェックに失敗しました.

script failed

  • The external script executed by the check did not return a valid return code.
    • 外部スクリプトによるチェックを実行した際,有効な返り値を返しませんでした.

send/expect failed

  • The payload data returned by the remote host did not match the expected pattern.
    • リモートホストから返されたペイロードデータが,予期していたパターンとマッチしませんでした.

http code malformed
http digest malformed

  • The remote host did not return a valid HTTP header or body.
    • リモートホストは,有効な HTTP ヘッダおよびコンテンツを返しませんでした.
      http code mismatch
  • The remote host did not return a matching HTTP error code. This may indicate a real server problem (a server error, the page was not found, permission was denied) or a configuration error. For example, it is a very common mistake that relayd(8) was configured to expect a HTTP 200 OK status but the host is returning a HTTP 302 Found redirection. See relayd.conf(5) for more information on validating the HTTP return code.
    • リモートホストが一致する HTTP エラーコードを返しませんでした.これは,リアルサーバの問題 (サーバエラー,ページが見つからない,パーミッションによる拒否) または設定ミスによるエラーを示している可能性があります.例えば,relayd(8) が HTTP 200 OK ステータスを期待して設定を行うが,ホストは HTTP 302 Found リダイレクションを返すなどは非常によくある間違いです.HTTP リターンコードの検証の詳細については relayd.conf(5) を参照してください.

http digest mismatch

  • The remote host did not return the expected content and the computed digest was different to the configured value. See relayd.conf(5) for more information on validating the digest.
    • リモートホストは想定した内容を返さず,計算したダイジェストが設定した値と違っています.ダイジェストを有効にする場合の詳細は relayd.conf(5) を参照してください.

参照

relayd(8)

オリジナルドキュメント

http://www.openbsd.org/cgi-bin/man.cgi?query=relayctl&sektion=8&format=html


Hiroyuki Seino http://www.seichan.org/ http://www.seichan.org/blog/
Today:1 Yesterday:1 All:1942